引越しの際に住民票の移動はいつ行うの?住民票の移動手続きをご紹介します!

Uncategorized

住民票の移動(同じ市町村内に引越し時の場合)

出典: www.taspo.jp

同じ市町村内での移動の場合でも様々な手続きが必要です。主なものとして転居届や国民健康保険、国民年金、住基カードの住所変更などが必要になります。印鑑証明の住所は転居届を提出すると自動的に住所変更されます。またこれらの手続きは同じ建物の部屋が変わっただけでも必要になりますので、注意が必要です。

転居届の提出を提出するだけ

出典: www.pakutaso.com

「転入届」「転出届」「転居届」とありますが、同じ市区町村内での引越しの場合は、「転居届」の提出だけで住民票は移動できます。届出場所は市区町村役場です。手数料などはかかりません。また、郵送や代理人による提出も可能です。

転居届けの提出時期はいつ?

必ず引越し後14日以内に管轄の市区町村役場で手続きを行って下さい。

転居届の手続きに必要なもの

出典: ja.wikipedia.org

本人が申請する場合は
・印章
・本人確認書類として国民健康保険証、高齢者医療受給者証、乳幼児医療証
などが必要です。

また、代理人が申請する場合は
・委任状(申請本人の自署押印がされたもの)
・代理人の印章と本人確認書類
が必要です。
本人が申請したほうが簡単そうですね。

注意!!期限を過ぎると過料を受ける可能性もあります

出典: xn--n8jlgf8kkk0850r.com

これらの手続きは引越し前に行うことはできません。なので必ず引越し後に行って下さい。引越し後14日を過ぎても手続きを終えていない場合には、過料(最大5万円)の対象となる可能性があるので注意が必要です。引越しでお金を使って、過料でまた出費…は避けたいですよね。

住民票の移動(他の市町村に引越しの場合)

出典: ure.pia.co.jp

まずは転出届の提出

出典: www.zba.jp

他の市町村へ引越しをする場合は、まず引越し前に元住所の市町村役場に「転出届」を提出します。 そこで「転出証明書」を受け取ります。そして、引越し後に新住所の役所へ「転出証明書」と「転入届」の2つを提出し、住民票の移動は完了します。同じ市区町村の場合より大変ですね。

転出届けの提出時期は?

出典: note.chiebukuro.yahoo.co.jp

転出届の提出時期は、引越し日の2週間「前」から当日までです。荷造りや他の手続きで忙しくなる時期なので、早い段階で済ませておきたいですね。また、転出証明書を引越しのバタバタで紛失しないように、場所を決めて保管しておくと良いですね。

転出届けの手続きに必要なもの

出典: truckhyakka.hatenablog.com

本人が申請する場合
・本人確認書類
・国民健康保険証、高齢者医療受給者証、乳幼児医療証など
・印鑑登録証
・印章
が必要となります。手数料はかかりません。また代理人でも申請可能です。
代理人が申請する場合
・委任状
・代理人自身の印章と本人確認書類
が必要です。

次に転入届の提出

出典: www.jichiro.gr.jp

次は引越し後、新住所の市町村役場で「転入届」の申請をしましょう。その際に引越し前の市町村役場で発行してもらった「転出証明書」の提出が必須ですので、忘れないように注意しましょう。

転入届けの提出時期は?

出典: www.lifehacker.jp

「転入届」は引越し後14日以内となっています。この期間を過ぎると過料5万円以下の罰金になる可能性がありますので、引越し当日にしてしまうのが良いでしょう。

手続きに必要なもの

本人が申請する場合
・「転出証明書」
・本人確認書類
・印章
が必要です。
また、こちらも手数料がかからず、代理人でも申請可能です。

代理人が申請する場合
・委任状(申請者本人の自署押印されたもの)
・代理人の印章と本人確認書類
が必要となります。

転出届を申請したのに引越しが突然中止になった場合

出典: www.sobchak-security.biz

元の役場で転出届を申請したにも関わらず、突然引越しが中止になった場合は「転出届」の登録を抹消してもらう必要があります。受け取った「転出証明書」を市区町村役場へ持っていき、申請を抹消してもらいましょう。その手続きが行われないと、住所不定になってしまうので気をつけてください。

住民票を移動しなくてもよいケースもあります

出典: www.pakutaso.com

生活の拠点を移動しない場合や、新住所での居住が1年以内と分かっている場合住民票を移さなくて大丈夫です。単身赴任や学生の一人暮らしの期間が1年未満であれば住民票を移す必要はありませんね。期間が1年以上であっても、生活の拠点が元の家や実家であれば、住民票はそのままでも大丈夫です。(もちろん移してもよいです)

住民票を移さない時のデメリットとは

出典: hikkoshikun.com

住民票を移さないと選挙の時に面倒な事になります。住民票がないと選挙権が行使できないからです。また住民票がないとパスポートの申請が出来ません。最後に、これが生活していく上で一番感じるデメリットだと思いますが、一部の住民サービスが受けられない可能性があります。図書館や健康診断などが該当します。これは大きなデメリットになりますね。

転居届の提出を提出するだけ

転居届けの提出時期はいつ?

転居届の手続きに必要なもの

注意!!期限を過ぎると過料を受ける可能性もあります

まずは転出届の提出

転出届けの提出時期は?

転出届けの手続きに必要なもの

次に転入届の提出

転入届けの提出時期は?

手続きに必要なもの

転出届を申請したのに引越しが突然中止になった場合